INFORMATION

2019.11.26

【座り姿勢が首の痛み・肩こり・腰痛につながる!?】

 こんばんは。
トレーナーの荘司です!!

突然ですが皆様は座っている時の姿勢について気にしてみたことがありますか?

立っている時の姿勢については意識することがあるかと思いますが座っている時の姿勢についてはあまり考えたことのない人も多いのではないでしょうか?
本日はそんな座位の姿勢(丸まりすぎ)についてのブログになります。

まずは丸まりすぎの状態の説明です。以下の写真を見てください。


この時
・頭部が前方へ出る
・肩が前方へ丸まる
・背中が丸まる/お腹が潰れる
・骨盤が後方へ傾く

などの状態が身体では起きています。

このような状態になるとそれを補うために首や肩・胸周りの筋肉が硬くなってしまうことやお尻の筋肉がうまく働かなくなってしまいます。
前に出た頭部を支えるために首・肩まわりの筋肉が普段以上にがんばり続けてしまうため硬くなり、首の痛みや肩こり、頭痛につながってしまうことは容易に考えられると思います。

また、骨盤が後方に傾いている姿勢はお尻の筋肉の機能低下を引き起こし背骨を下から支えられなくなります。それによりお腹が潰れたような姿勢になります。そのような状態が続くと椎間板というところに圧迫ストレスがかかり腰痛を引き起こしてしまいます。

以上の説明で丸まった状態で座ることが首痛・肩こり・腰痛に関係してくることが理解できたと思います。

それらの痛みを改善するためには硬くなっている部分をゆるめてあげてストレッチを行い十分な可動域を獲得する必要があります。
代表的なストレッチは以下のものがあります。


そしてなにより大事なのは意識して良い姿勢で座ることです。良い姿勢とは背すじを伸ばし背骨(脊柱)が自然なS字な状態で座ることです。
トレーニングはもちろんですが日常生活でいかに綺麗な姿勢を意識できるかが大事になります。
ジムの会員さんの中にも首の痛み、肩こり、腰痛で悩んでいる人は多いと思います。また仕事でどうしてもパソコンを前に何時間も座り続けなければいけない人もいると思います。
もしそのような生活を送っている人がいれば座り方、気にしてみませんか?


わからないことがあれば是非ボディデザインプランニングスタッフまで!!

※参考文献
ケリー・スターレット式「座りすぎ」ケア完全マニュアル 姿勢・バイオメカニクス・メンテナンスで健康を守る

見学・体験歓迎します!
お電話でのお問い合わせ・ご質問は
下記よりお気軽にご連絡ください。

Tel.055-924-2540

【営業時間】
平日(木曜定休)・土曜は9:00~22:30
日・祝日は9:00~20:00

静岡県沼津市高島本町1-5 イシバシプラザ2F