インフォメーション

2017.12.15

【自分の集中スタイル】

 こんにちは!

トレーナーの荘司です。


本日のコラムはBGMについてです。

トレーニング中のBGMについてみなさんはどんな曲を聴いていますか??

音楽と運動については音楽を聴くことでより長い時間楽しく運動ができたり、よりリラックスできるなど様々な論文で効果が実証されています。


自分好きなイヤホンで自分の好きな音楽を聴きながらトレーニングに取り組む


素敵ですね⭐(^^♪


ですが、逆に音楽を聴くことで逆に集中力が散漫になってしまう可能性があることにも注意しないといけません。

音楽をイヤホンで聴くことに集中してしまい、本来動作を確認しながら行いたいトレーニングが曖昧になってしまうこともあるそうです。


つまり、音楽を聴くトレーニングを分けることも必要になるということです。


有酸素運動などは好きな音楽を聴き長く、楽しく行い、

新しいトレーニングや追い込みたい部位へのトレーニングは音楽を聴かずに鍛えたい筋肉と向き合う。。


BGMも使い分けてもうワンステップ進んだ身体なりましょう!!

ちなみ僕は自分のトレーニング中のBGMは特に気にしないタイプです!
※イヤホンや聴く音楽にはこだわりはありますが・・・笑


次回もお楽しみに


2017.12.14

【栄養成分表示を確認しよう!!】

 こんにちは!
管理栄養士の川瀬です🌻

みなさん、外食時やコンビニで“栄養成分表示”って確認されますか??
今や、いろんな商品に記載されている数字ですよね!!
エネルギーはよく見るという方は多いかもしれませんが、それ以外の表示もちゃんと見てあげてほしいです👓✨

〈デニッシュパン〉



エネルギーを構成している三大栄養素【たんぱく質、脂質、炭水化物】は、

たんぱく質:1gあたり4kcal
脂質:1gあたり9kcal
炭水化物:1gあたり4kcal
といわれています。

したがって、同じ量のたんぱく質、脂質、炭水化物を含む食品を摂取した場合、脂質のエネルギーの割合が確実に多いです( ;∀;)
また、エネルギー量が同じ食品で迷われた場合、運動前でしたら炭水化物が多い食品を選んであげた方が、運動時のエネルギー源となるためオススメです!!
例えば・・・↓↓

〈あんぱん〉

エネルギーの構成比が、どの栄養素の割合が多いかによって運動後の体づくりに向いているのか、運動前に向いているのかなど、変わってきます!
気になった方は、ぜひBDP管理栄養士までご相談ください!!
目的や食環境を考慮した、個別のアドバイスをさせていただきます(^^)/

2017.12.13

【ストレッチから周りと差をつけよう!】

こんにちは。トレーナーの青木です。
毎週水曜日はストレッチについて。

今日はちょっと細かく、あるストレッチの
"コツ"について書きます!

種目はもも裏のストレッチ。
筋肉はハムストリングと言います。

この筋肉、姿勢の改善や腰痛や膝痛の原因。
足の引き締めにも関わる大切な筋肉です。


基本ハムストリングを伸ばすには、上半身を前に倒していく方法で行います。

実はこのストレッチ、「骨盤」の意識で伸びが全然変わるんです。

上半身を前に倒していくとき、皆さんは身体を丸めていませんか?

手が遠くへいく方が伸びそうなのでやってしまいがちですが、この方法は骨盤を丸めてしまいやすくなります。


より気持ちよく伸ばすために、骨盤を起こす様にして行いましょう!

骨盤を起こすとハムストリングの端と端をより引っ張ることが出来ます。

一見、「伸びてるの?」とツッコミたくなると思いますが、見た目以上に伸びてます。


細かく小さな"コツ"ですが、実際にやって頂くと実感して頂けます。

ちょっとカッコよく、質を上げたストレッチ行なっていきましょう!

2017.12.12

【空腹でのトレーニング】

こんにちは!
管理栄養士の渡邉です

火曜日のテーマは「筋力UP
さっそくですが、筋肉をつけたいみなさん、空腹状態でトレーニングを行っていませんか!?

空腹でトレーニングを行うと、せっかく頑張ってトレーニングをしているのにその効果が半減してしまう可能性があります((+_+))


空腹=エネルギー不足。
そうなったとき、人間の身体は筋肉や脂肪からエネルギーをつくりだそうとします。
つまり、トレーニングをしているのに筋肉を分解してしまっている状態が身体に起きてしまうのです(>_<)


そこで、エネルギー不足にならないために必要なのは・・・
トレーニング前の「補食」になります!
この補食で摂りたい栄養素がエネルギー源である「糖質」です!
おすすめは・・・
おにぎり、あんパン、100%フルーツジュース、バナナ、エネルギーゼリーなどです!

会社帰り、学校帰りにジムへ来られる方がいらっしゃいますが、筋力UPを目的とされている方はぜひ補食を摂ってからトレーニングを行いましょう(^-^)


補足ではございますが・・・
ダイエットを目的とする場合、空腹時の運動は脂肪燃焼に効果的です!

ご自身の目的、目標にあわせて補食を取り入れるべきか検討していきましょう(*^-^*)

「私は補食を取り入れるべきなのかな?」とお悩みの方はぜひBDP管理栄養士にご相談ください!

2017.12.11

【最適なスタミナトレーニングとは】

 

こんにちは!

BDPコラムのお時間です!

本日は”スタミナトレーニング”について

ご紹介します^ ^

スタミナには、「心肺能力的スタミナ」「筋力的スタミナ」

2種類あることを皆さんご存知でしょうか??

多くの場合、この二つの要素はごちゃ混ぜに考えられてトレーニングが行われますが、

より効率的にスタミナを向上させるためには、それぞれを分けて考えてトレーニングをしていき、

さらに二つを理解した上での複合トレーニングが必要なんです。

心配機能を向上させたい人には、

”緩急のある有酸素運動”を行いましょう!

最適なトレーニングは「ダッシュ&レスト」のような緩急のあるトレーニング方法になります。 

具体的には100メートルダッシュ→30秒休息→100メートルダッシュ(以下繰り返し)のようなトレーニング方法です。 

そして筋スタミナには”コンパウンドサーキットトレーニング”を

行いましょう!

最も適しているのは、短いインターバルで全身をローテーションして筋トレしていくサーキットトレーニングです。 

また、この場合の種目は、複数の関節と筋肉を同時に使う複関節運動=コンパウンド種目が適しています。

 

数あるコンパウンド種目のなかでも、スタミナトレーニングという部分に着目した場合、

効果の高いのは2030回の反復動作で行う自重トレーニングでしょう。

具体的には以下のようなメニュー例になります。 

スクワット →(30秒休息) →腕立て伏せ →(30秒休息)

→ バックエクステンション →(30秒休息) →腹筋 →(30秒休息) 

(以下繰り返し) 

この種目の順番は上半身と下半身、体の前面と後面の筋肉の配置を考慮したものなので、

バランスの良いトレーニングメニューです。 

さて、では実際にこういったトレーニングで

自身に適したスタミナトレーニングを知りたいという方は、

グッドタイミングなイベントが近日開催されます!

そちらがこの心拍トレーニング体験会!

詳細はこちら

会員様はもちろん、会員ではなくても

どなたでも無料でご参加いただけますので、

是非ご参加ください!

当日参加特典もご用意しております♪

以上BDPコラムでした^ ^ 

2017.12.10

【宅トレブログの日曜日】

こんにちは。
『宅トレブログの日曜日』の時間です。

自宅でのトレーニングは、どうしても集中できないことがあるかと思います。

そんな時は『ながら』トレーニング!!
テレビを見ながら、音楽を聴きながら、誰かと話をしながらなど、何かをしながらでも良いです。

では宅トレのご紹介。

体幹トレーニング編
『クランチ』




①と②を繰り返しましょう。
①の状態から3秒かけて②の状態まで起き上がり、②から3秒かけて①の状態に戻りましょう。
ポイント
1:呼吸を止めない(力まない)①から②の際は息を吐きながら、②から①は息を吸いながら
2:肘はたたまない 肘をたたむと首に力が入りやすいため
3:おへそのやや上を意識して起き上がる

無理のない回数から始めてください。
5回でも良いです。
お腹を意識して行ってください.

『バッグアーチ』

上の写真の状態を15秒間から20秒間キープしましょう。
2セットから3セットを目安に行ってください。
背中とお尻を意識してください。
ポイント
1:腰を反るようにあげない
2:呼吸を止めない

お腹と背中の引き締めで、年末年始の誘惑から乗り切りましょう。

今後もお得な情報をお伝えしますね。

2017.12.09

【BDPの学生会員について】

今期から開始した学生会員。
対象は中学生から大学生、専門学生と幅広く受け付けていますが、
中学生や高校生に対し、ただ筋トレをさせるのかといったら
決してそうではないんです。

下記にもあるように、BDPの学生会員の子達には
”怪我をしにくいカラダ作りと、パフォーマンス向上のカラダ作り” 

の為に必要なトレーニングを行い、サポートさせて頂いております。

日頃から習い事や部活動などで、どうしても選手自身がケアを怠ってしまい
怪我をしやすくなっていたり、パフォーマンスが低下していたり、
そもそも正しいトレーニングやケアというのも、
選手を含め保護者の方も分からなかったりしていませんか??

そんな学生の子達に、私達BDPトレーナーが基礎からケアの方法、正しいトレーニング方法を
お伝えしサポートすることで、より将来に繋がるアプローチが可能なんです。

是非皆様のサポート、させて下さい!
心よりお待ちしております。

2017.12.09

【トレーニングファイル変更について】

カレンダー

«12月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

フィード

Copyright (C) 2016 BODY DESIGN PLANNING All Rights Reserved.