インフォメーション

2017.10.12

【たくさん食べれば筋肉ってつく!?】

おはようございます
第4回、本日の担当は管理栄養士の川瀬です🌻

先日、トレーナの青木が“筋肉をつけるためのコレ”を教えてくれましたね皆さんご覧になりましたか??

私からは“筋肉をつけるための食べ物”についてちょっとだけ知識をおすそ分けします

突然ですが、みなさん。お肉をたくさん食べれば筋肉がたくさんつくと思いますか
→答えは、✖です

【筋肉が作られる流れ】
1.トレーニングをして筋肉が壊れます(筋肉分解)
2.その後、壊れた筋肉を修復するために、重要な栄養素を摂り入れます!しかし、その栄養素もたくさん摂れば良いわけではなく、適正量があります!

【栄養素】
その①:たんぱく質(肉・魚・卵・大豆製品・乳製品などの料理)
筋肉の材料となります。一般的に知られている栄養素ですね!
その②:ビタミンB6(まぐろ、かつお、鶏肉、さけ、にんにくなどの食品)
たんぱく質を代謝する際に重要な栄養素!たんぱく質の摂取量が増えると、ビタミンB6の必要量も増加します!

【適正量:たんぱく質】
参考程度に目安量です↓↓
①トレーニング初期:体重(kg)×1.5~1.7
→例)体重60kg 60×1.5~1.7=90~102g
②トレーニング中・後期:体重(kg)×1.0~1.2
→例)体重60kg 60×1.0~1.2=60~72g

※お肉で例えると、100gが約20gのたんぱく質が含まれています。写真くらいです!お肉だけではなく、いろんなたんぱく質を多く含む食品を摂取しましょうね
逆に食べ過ぎてしまえば体脂肪にもなります!!

しかし、適正量は個人個人で異なります。気になった方は、ぜひ栄養カウンセリングルームでお待ちしております

カレンダー

«10月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フィード

Copyright (C) 2016 BODY DESIGN PLANNING All Rights Reserved.